宮崎県ユニセフ協会提供のもと、宮崎南高校では「人権」について考えるため「子どもの権利」のパネル展示をしました。

「子どもの人権」とはどういうものでしょうか。

子どもは大人と同じ人間として尊重されるのと同時に、子どもとして保護を受けなければならない、という考え方なのです。「ユニセフと世界のともだち」より

 

 

「子どもの権利条約」ができるまで

 

 

 

子どもの権利には4つの柱があります。

1. 生きる権利

2. 育つ権利

3. 守られる権利

4. 参加する権利

 

この展示によって、生徒の皆さんが「子どもの権利」について考えてくれればうれしいです。