5月27日(日)

宮崎県防災の日にイオンモールで防災の日フェアが開催されました。

宮崎県ユニセフ協会は「イオンホール」にブースをお借りして、「東日本大震災報告写真展」のパネル展示をしました。

東日本大震災が起こってからもう7年も経ってしまいました。

この時、UNICEFはあまりの惨状に東日本の支援を決め、4年間で総額48億円余りの募金が寄せられたのでした。日本ユニセフ協会も他団体とともに、被災者の方々の身近な支援をしました。

展示ブースでは、大人の人にはクイズを解いてもらったり、子どもたちには布で作ったパズル(ユニセフのギフトでした)をしてもらいました。

     

東北地方の地図に県名を書き入れたり、震災が起こった日時、原発事故のことなどをクイズにしてみんなに解いてもらいました。

こんなに大きな災害だったのに、人々の記憶の中からは次第にその悲惨さ、危機感が薄れていってしまう。

クイズを解きながら、思い出してください!思い出すことが、東日本の人たちを応援することになります。

布のパズルは子供たちの目にとまり、「やってみませんか!」の掛け声に、お父さん、お母さんを引き連れて、たくさんの方々がユニセフのブースに立ち寄ってくれました。

宮崎犬もクイズを解いてくれましたよ。

今回は本当に多くの人が立ち寄ってくださいました。災害の写真を見ながら感慨にふける人、「この子がちょうどお腹にいるときでした。」と思い出すお母さん。東北のクイズを見て、「私たち二人とも東北出身ですから、全部わかります。」と笑っていたご夫婦。予想を上回る人気に、クイズが足りなくなり、コピーをしに行ったほどでした。

宮城県と岩手県、福島県のユニセフ協会の事務局長が言っていました。「忘れないでください。忘れないことが応援になります。」そして私たちは日ごろから災害に備えて気持ちを引き締めたいですね。