7月13日(金)サンシャインエフエムに、事務局長と広報担当の弥勒さんが出演しました。

これがスタジオの全景。インタビュアーはペコちゃんでした。

15分のインタビューの目的は「ユニセフ活動の広報」です。難しいことを聞かれたらどうしよう。でもさすが、ペコちゃんは、話のもって行き方がとても上手、プロフェッショナルです。自然な形で私はおしゃべりを続けることができました。

一番伝えたいことはなんですか?

宮崎県にもユニセフの協会があるということです。

UNICEFのFはファンドのFですから、募金は私たちの大きな柱の一つです。ですから1年に数回、宮交シティや生協などで募金活動をしています。その時高校生が大勢で、立って協力してくれます。募金活動やイベントに参加しながら、子どもたちはアフリカのことやロヒンギャシリアのことを学んでいきます。、

もう一つの柱はユニセフのことを知ってもらうこと、啓発活動です。その中心は「ユニセフ出前授業」で、小学校、中学校、高校、専門学校など、幅広く出かけていきます。

というような話をしていたらあっという間に15分が過ぎました。ぺこちゃんはすごい、というのが私の感想でした。(打ち合わせなしに入っていく私もすごいけど。)

付き添いの弥勒さん、ありがとうございました。