2017年7月

  • 2017.07.27

子どもの権利 パネル展示

宮崎県ユニセフ協会提供のもと、宮崎南高校では「人権」について考えるため「子どもの権利」のパネル展示をしました。 「子どもの人権」とはどういうものでしょうか。 子どもは大人と同じ人間として尊重されるのと同時に、子どもとして保護を受けなければならない、という考え方なのです。「ユニセフと世界のともだち」より     「子どもの権利条約」ができるまで     &nb […]

  • 2017.07.13

出前授業 広瀬北小学校 7月6日(木)

7月6日(木)、新老人の会の「命の授業」とユニセフがコラボして出前授業をしました。         まず、新老人の会・事務局長兼、宮崎県ユニセフ協会会長、上原氏からの挨拶です。 いくつかの国を例にあげて、ユニセフの支援を受けている国と受けてない国に分けてもらいました。 みんな一生懸命考えてくれました。 中国やインドなど、豊かだと思っている国が、意外とユニセフの支援を受けていて、新しい発見がありまし […]

  • 2017.07.04

パネル展と募金活動 ≪アフリカ・ブルキナファソの気候変動と子どもたち≫ in 宮交シティ

7月2日(日) 宮交シティにおいて、パネル展と募金活動を行いました。 今回は【ブルキナファソの気候変動と子どもたち】というテーマでパネル展をしました。センターに設置されたテレビのスクリーンにはアフリカの干ばつに苦しむ人びとの映像が流されました。 ブルキナファソは西アフリカに位置する共和制国家。 北にマリ、東にニジェール、南東にペナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する国です。 […]