admin_miyazaki のすべての投稿

SDGs出前講座  城ケ崎地区交流会

3月20日(土)19時~

10代~80代の城ケ崎地区16名の皆様とSDGsについて考えました。それぞれの年齢と生活スタイルに合わせて、17項目をかみ砕き、取り組んでいく目標を設定することが必要だと感じました。(講師: 運営委員 相田)

 

2021年度 理事・評議員会を             開催しました。

3月4日(木)

宮崎ユニセフ協会 理事・評議員会をオンラインで開催しました。

議案のご承認をいただいた後、                      

・企業でのSDGsの取り組みについて

・「日本の子どもたちの幸福度の低さ」についてのご質問

・宮崎県の募金状況について など皆様から貴重なご意見をいただきました。

今後の活動に向けて、強力なお力添えをありがとうございました。

 

宮崎県立本庄高校の皆様          物産の販売収益金のご寄付         ありがとうございました

 宮崎県立本庄高校商業科菊池先生と、ビジネスイノベーション系列(旧商業系列)3年生の大西たくとさんが2月19日(金)物産の販売収益金を寄付してくださるということで、当協会を訪問してくださいました。

 販売収益金¥52,117 全額(公財)日本ユニセフ協会へ寄付していただきました。

 お預かりした寄付金は、世界各地で子どもたちの命を守り、生活を良くするための活動を計画し、実施するために使われます。

パネル展 「コロナ禍でのユニセフ活動と SDGs」

日時:2021年1月6日(水)~1月24日(日)             

会場:宮崎市立図書館2F

主催:宮崎県ユニセフ協会

イベントや出前授業ができない状況の中、宮崎県ユニセフ協会は、できるだけたくさんの方に、世界の子どもたちが直面している問題や、皆様のご支援に支えられているユニセフの活動状況を知っていただくために、巡回パネル展を行っています。

一人でも多くの幼い命を新型コロナ危機から守り抜くために、大規模な支援活動が世界各地で続けられています。

ユニセフは「子どものいのちと健康を守るために」世界のどこに生まれても、もって生まれた可能性を十分に伸ばして成長できるよう、支援活動を続けています。

SDGsは、ユニセフが重視してきた公平性のアプローチ「誰ひとり取り残さない」の考えが根底にあります。

宮崎県ユニセフ協会では、SNS発信 YouTube動画作成などに携われる若い力を募集しています。

緊急事態制限下ではありますが、市立図書館へ行かれましたら、ぜひユニセフのブースをのぞいてみてください。

ハンド・イン・ハンド    募金キャンペーンご報告   

キャンペーン期間:2020年11月20日~12月25日              テーマ:「すべての子どもにかけがえのない『子ども時代』を」

ユニセフ ハンド・イン・ハンドは、「手に手をとって」世界の子どもたちのしあわせと明るい未来を実現させるために、ユニセフの支援を通し、「子どもの権利条約」がすべての子どもに守られるよう、街頭で募金を呼びかける人も、募金して下さる人も、一人一人がボランティアとして参加する募金活動です。

しかし昨年末は、新型コロナウイルス感染症予防のために街頭募金は実施できませんでした。

そこで宮崎県ユニセフ協会では、県内の企業・団体様にユニセフ募金箱の設置をお願いして、ご協力いただきました。

皆様から61,963円の募金をお預かりしました。この金額は、         下痢による脱水症状から子どもの命を守る                 経口補水塩 9,000袋  または、栄養治療食 1,500袋に相当します

すべての子どもたちがかけがえのない「Childhood=子ども時代」を健やかに過ごせるように、医療体制が脆弱な途上国の子どもたちの幼い命を救うために使われます。

たくさんのご協力ありがとうございました。

パネル展  コロナ禍でのユニセフ活動と SDGs

日 時:2020年11月30日(月)~12月21日(月)
会 場 :宮崎大学付属図書館1階コミュニケーションコート
主 催:宮崎県ユニセフ協会

新型コロナウイルスの感染拡大が、冬の到来とともに急速に広がり始めています。

例年宮崎県ユニセフ協会が実施している出前講座やハンド・イン・ハンド街頭募金活動ができない状況下、今回は宮崎大学付属図書館にて、パネル展示による啓発活動を行っています。

 ユニセフが支援するのは、もっとも弱い立場に置かれている子どもたちです。猛威を振るうコロナ禍、ケニア・モーリタニア・マリ・ネパール・ブラジルでの支援活動を紹介しています。

SDGsができるまで

SDGsは突然できたわけではありません。
SDGsができた背景には、技術の発明や経済発展による社会や環境の変化、
戦争などをのりこえて人権尊重の考えが広まったことなど、さまざまな人びとの営みや歴史があります。しかし現在、貧困、紛争、気候変動、感染症等、これまでになかったような数多くの課題に直面しています。
このままでは、人類が安定してこの世界で暮らし続けることができなくなるという危機感から、世界中のさまざまな立場の人々が話し合い、課題を整理し、解決方法を考え2030年までに達成すべき具体的な目標を、2015年国連総会で決めました。
さまざまな社会の課題とSDGsとのつながりを知り、
「持続可能な世界を築くためには、何をしたらいいだろう?」
「SDGsの達成のために、自分はどんなことができるだろう?」
それを考えて、行動するためのヒントを見つけてください。

オンライン国際理解講座

日時 10月15日(木)16時~17時半

案内人 NPO法人ルワンダの教育を考える会  

参加者 宮崎県ユニセフ協会 運営委員12名

「ルワンダの内戦」というつらく悲しい体験から「教育の大切さ」や「命の尊さ」「平和の大切さ」を訴え続けている永遠瑠(トワル)マリールイーズさんから、コロナ禍のルワンダの現状をお話しいただきました。

ルイーズさんが、ルワンダの空港に着いた翌日3月21日からルワンダはロックダウンに。それから7ヶ月、いまだに空港は閉鎖されたまま今日を迎えています。 ルイーズさんが、路上にいる子どもたちを救うために設立したウムチョムィーザ学園の保護者は日雇い労働者が80%。学費を払うのに大変苦労しています。学園の収入が激減し、苦しい財政状況の中でも、先生方やスタッフを解雇せずに、リモートで授業を。パソコン・スマートフォンを持っていない家庭には、プリントを配布しているそうです。また栄養失調で命の危険にさらされないよう、子どもたちには昼食とおやつを毎日提供出来ているそうです。さらに子どもたちのサポートだけでなく、母親のサポート支援、卒業した子どもたちの自立支援として、石鹸つくりのプロジェクトを進行中。「コロナがあったからこそこんなことができた。コロナ禍の中でも生きていれば、そして学んだことがあれば希望と夢を持ち続けることが出来ます。」と力強く、終始笑顔で話されました。

卒業生からのサプライズ誕生日プレゼントを紹介してくれるルイーズさん。

彼は「コロナがあったからこそ大好きな絵を描くことができた。

希望をもって前に進みたい」と話したそうです。

  ユニセフパネル展  

                  in 宮崎空港    

     2020.10.16~11.7

宮崎空港のオアシス広場で、ユニセフパネル展 「コロナ禍でのユニセフ活動と

                          SDGs」    

                      開催中!

 

宮交シティ、宮崎銀行本店に引き続き、宮崎空港オアシス広場でもユニセフの活動を広く知っていただくためにパネル展を開催しました。

ユニセフは新型コロナウィルスから最も弱い立場にある子どもたちを守るため、このコロナ禍でも、懸命に支援を続けています。  

最近、SDGsが徐々に広まり、街中でもロゴを見かけたり、まあるいSDGsバッジを胸につけている人に出会ったりします。

ああ、少しずつみんなに浸透してきているのだなと実感する反面、まだ、「SDGsってなに?」と初めて耳にしたというような方もいます。

SDGsとは、持続可能な開発目標、将来に向けて、地球上で暮らすあらゆる人たちが、より幸せに生活していけるようにと、世界中の国が約束した17の目標のことです。

宮崎県ユニセフ協会のスタッフで展示をしました。

空港に御用でお越しの際は、是非オアシス広場に足を止めて展示をご覧くださいね。

ユニセフパネル展         9.1~9.11  

「コロナ禍でのユニセフ活動」 

宮崎銀行本店一階にて開催 

      前例のない規模で拡大を続ける新型コロナ感染症。

最新のデータによると、発途上国の大部分の人々は
洗い場の設備が不足しているため高い感染リスクにさらされています。

WHOと共同で ユニセフは指衛生をすべての人に届けるための新たな取り組みを始めました。

ケニア スラムに手洗い場を

ケニアでも、多くの子どもたちが家に留まる生活を余儀なくされ、手洗いなど感染予防のための衛生的な習慣が呼びかけられる中、首都ナイロビにあるスラムで暮らす子どもたちは、石けんや手洗い用の水が自宅になく、日常生活で手洗いをする環境が整っていません。

こうした子どもたちを感染から守るため、ユニセフ・ケニア事務所は、自治体や政府と協力して、誰もが使える手洗い場を、スラム内など1,000カ所以上に設置しました。

ユニセフはまた、石けん、手指消毒剤、フェイスマスクなどの個人向けの衛生用品や、学校や医療施設、公共施設で使用する消毒剤などの、調達および配布も行っています。

 

子どもたちの命を守るために、ユニセフの歴史の中でも最も大規模な支援活動が、日々各地で続けられています。

新型コロナウイルスから最も弱い立場にある子どもを守るための活動状況について、パネルを通してお伝えしました。

 

 

 

ユニセフパネル展           8.15~8.17

『コロナ禍でのユニセフ活動』

コロナ感染が拡大する中、当協会も次々と行事の中止を余儀なくされました。

そんな中で、3密を避けてできるものは何だろう?

ユニセフは新型コロナウイルスから最も弱い立場にある子どもを守るため、このコロナ禍でも、懸命に支援を続けています。

そんなユニセフの活動を皆さんに知ってもらい、このパネル展を通して、私たち宮崎県ユニセフ協会の存在も皆さんに広めたいという思いで、宮交シティの東口エントランスをお借りして、パネル展を開催しました。

必要な家族に確実に届ける

ユニセフ・ブラジル事務所は新型コロナウイルスのパンデミックに対応するため、サンパウロ、リオデジャネイロ、はじめ10都市の58万3千人以上の人々に保健衛生用品を配布しています。

子どもたちが自分自身や周囲の人をウィルスから守る正しい知識を身につけられるよう、啓発キャンペーンを実施するとともに、石鹸、マスクの配布などの支援をしています。

宮交シティでお買い物をした後、このコーナーにちょっと足を止めて、世界の状況やそこで支援活動をしているユニセフのことなどに目をむけていただけたら、うれしいです。

予告

このパネル展は、9月1日から11日まで、宮崎銀行本店においても開催されます。

              To be continued ・・・・